就職活動は営業活動に同じ

なぜ、生命保険会社の営業は常に求人をしているのか?保険会社に就職し働きやすい環境とはどのようなものでしょうか?

就職活動は営業活動に同じ

生命保険会社の営業に就職した人の働く環境

就職難と騒がれている時代に、生命保険会社の営業職は常に募集をかけているようです。私のまわりにも、保育園に通わせながら保険の仕事をしているママさんがいます。ご主人の収入だけでは生活ができないからとのことです。保険の営業は大変とよく言われているようですが、小さい子どもがいる女性にとっては働きやすい職場なのかもしれません。事務職だと急に子どもが熱をだしたとき休みにくいことや、残業ができなかったり、融通が効かなくてなかなか正社員で働くのが難しいのかもしれません。しかし、そんなママさんたちが働く営業と言う仕事について疑問なのは離職率が高いのではないかということです。常に一緒に働くメンバーを探しているが、すぐに辞めてしまう方も多いのではないでしょうか?それはやはり、営業ならではのノルマがあるからでしょうか?

せっかく就職しても、ノルマを達成できず辞めなくてはいけない保険の営業の仕事は、働くママさん達には過酷さを感じます。そのなかでも、きっとノルマを達成し、バリバリ働く方もいらっしゃると思います。成績主義でやったら、やっただけ評価される仕組みなのだと思います。保険営業は契約がとれなければ辞めざるを得ず、評価はすべて契約できまるのでしょうか?子どもがいても働きやすい環境を望んで就職活動をする方が魅力を感じらるような仕組みがあったらと思います。成績だけでなく長く勤めることも必要なことではないでしょうか?