就職活動は営業活動に同じ

現在の新卒者が営業への就職をするにあたり、営業職は企業にとって一番重要な仕事であるのを認識する。

就職活動は営業活動に同じ

就職おいて営業という仕事を選ぶとは

ここ数年、相変わらず新卒者の就職難が続いている。大学の理系で専門的な学習をしてきた人ならば、就職先の選定もしやすいのかと思われているが、文系学部の人達において就職活動が人生において、多分将来について初めて真剣に考える機会になる人も多いのではないだろうか。その中でも、企業においての中枢を担う仕事である営業は、仕事内容の大変さを世間の評判や先輩達の話からも聞いているものの、特技のない人達が営業職を選択することは必然であるのだろう。

新卒者も就職が決まり入社をすると、最初は営業を経験させられるケースも多いかと思われる。総務や経理を希望していても、営業の仕事を理解していないと将来において仕事の流れに弊害が生むと考えられる。その為、これまでの経験値からの企業判断であろうかと考えられる。或いは営業の経験において優秀な成績を挙げる事で、意外な特性を見出せるかもしれない。それだけ企業にとって営業というのは、一番重要な部門に位置づけられている証明なのであろう。

営業と言う仕事は技術も大切である。決して頭を下げるだけの仕事ではない。物があふれる現代において、これからの営業は顧客の問題解決を手伝うという大きな役割が求められる。そのためには、相手の悩みや意図を感じ取るヒアリング力が重要となる。従来型の一方的に話すばかりの営業しか出来なければ取り残されて行くのは必然であろうかと考えられる。そういった意味において、営業職への就職を目指す学生達は、人との接し方を意識して学んでおく事を薦めたいと考える。