就職活動は営業活動に同じ

就職経験といま現在の営業として活躍している体験談とこれから就職する人に営業の勧めを記載いたしました。

就職活動は営業活動に同じ

就職体験談として、営業のすすめ

新入社員として会社に就職にして、おおよそのものが3年でいったん転職を考えます。理由は社内の人間関係になじめなかったことや収入に不満があること、スキルアップのために転職すると言う人もいると思います。私自身も世間一般と同じように3年後に転職をするという意気込みのもとで、中途半端に仕事をしていたと思います。今の会社に新卒で入社してずっと外勤の外回りの営業として、6年目を迎えました。大きな会社ではないので、基本的に希望での移動などはあるけれども、基本的には固定であり、あまり刺激が無い職場とも言えます。

就職する前まら、営業になりたいとは特に思っていませんでしたが、これといった資格も持ち合わせておらず、入社試験の面接での志望動機は、営業職希望と伝えました。志望動機は多くの人とかかわりを持って仕事が出来ることと、仕事の緊張感を一番持って出来る位置づけと言うことを訴えました。いま私は実際に営業マンとしてモノ・サービスを売っています。やはりやりがいはとても大きいです。同じ社内の間接部門と比べても、得意先と会社代表の最前線で交渉をすることに対して、ものすごく刺激のある仕事です。また、よく言われることは営業は会社の顔、花形部署と言われます。とは言え、営業に対する実質的なマニュアルや形式ぶったものは基本的にはありません。もちろん、商品・サービスに対する売り方と言うのはありますが、その営業マンがどのように、モノを売るのかは、人によって千差万別のです。自分らしさを就職した後に一番経験しやすいことかもしれません。もし就職に悩んでいる人がいたら、是非営業としてスタートすることをおすすめします。

Site Recommend