就職活動は営業活動に同じ

営業の仕事は人の信頼を得ることができる人が就職したらいいと思います。人との信頼関係が大事だと思います。

就職活動は営業活動に同じ

営業の仕事に就職するために

営業の仕事をしている人は、あまりペラペラ話をする人よりも、あまり話をしない人のほうが信頼を得たり、高い成績を収める人が多いようです。無理やり商品を売ろうとしたり、押しの強い人は警戒をしてしまうことがあると思いますが、そういうことなのかなと思います。口の上手な人は信用するのにはイマイチ信用性に欠けると思います。必要最小限のことだけ話して、相手のいい分をきいてくれるような営業の人は、信頼されやすいと思います。私の知り合いでもペラペラ話す人がいますが、なかなか営業の仕事がうまくいかないと言っていました。営業の仕事は会話をすることが仕事なので、ある程度の会話力は必要ですが、度が過ぎてもいけないということなのだと思います。営業の仕事に就職をした人は、相手の信頼を得るためにも、相手の話をむしろ聞くくらいの姿勢で営業をするといいと思います。

人との会話、人との信頼が営業の仕事の要になりますから、営業の仕事に就職をしたいと思っている人は、人の信頼を得ることが得意な人に向いていると思います。後は人の話を聞いてあげることができる人だと思います。相手の気持ちをよすることで、相手も営業の人に商品を買ってもいいかなという気持ちになると思います。あいての気持ちをつかんで、無理に営業をしない、無理に相手に商品をすすめないということがうまくいく鍵だと思います。営業の仕事は営業をすればするほど、経験もつめますし、ステップアップすると思います。