就職活動は営業活動に同じ

営業の仕事は人を相手にする仕事ですから、就職をする際には人と接することが得意な人がなるといいと思います。

就職活動は営業活動に同じ

営業の仕事に就職する

営業の仕事は人とのコミニュケーションが必要となる仕事ですから、営業の仕事をする人は人と接することが得意な人がいいと思います。色々な話をしたり、たわいもない話をするので、営業の人はあらゆるジャンルの話を知っている必要もあります。もちろん話の説明が上手だったり、柔軟な発想ができたり、あいての話を理解する理解力も求めれれます。政治や経済、スポーツから今流行っているもの、業界の話など色々しっていると有利に営業できると思います。なので営業の仕事に就職をしようと思っている人は、人と話すのが好きな人がいいと思います。営業の仕事は頭の回転も速いほうがいいと思いますし、自社の商品をすすめたり、相手の要望にこたえる能力も求められますから、難しい仕事ではあると思います。

就職をして営業の仕事をして自分に向いていないと思ったら、営業の仕事を辞めてもいいと思います。私の知り合いにも営業の仕事をしていた人がいましたが、営業の仕事は何をしていいのか分からないといって辞めてしまいました。営業は自由に仕事をできる分、どんなことをしたらいいのか分からず、人に商品などをすすめるのも得意ではなかったみたいです。基本的に人を相手にする仕事ですから、営業の仕事は臨機応変に仕事をできる人が向いているのかもしれません。営業の仕事は人間関係が苦手な人はストレスになってしまうこともありますから、就職をする人は人と話すのが好きな人、上手な人がいいと思います。