就職活動は営業活動に同じ

就職の際どの仕事に対してやりがいを感じるかを考えることが大切です。私は営業職にやりがいを感じると思いました。

就職活動は営業活動に同じ

私は就職の際に営業職に対してやりがいを感じると思いました

仕事には様々な職種があります。私の友人にはSEの仕事をしている人や、事務系の総務や経理の仕事をしている人もいます。就職活動をしている段階では、どのような仕事に就こうか悩むと思います。その時は自分がどのうような仕事に対してやりがいを感じることが出来るかを考えることが大切です。このような自己分析をきちんとすると、就職活動が順調に進むでしょう。私は大学を卒業した後に営業の仕事に就きました。なぜ営業職を選んだのかというと、学生時代に洋服屋の店員のアルバイトをしていて、自分が商品を売り上げることがとても楽しく、やりがいを感じたからです。このようなやりがいは営業職にも通じるものだと思いました。

営業職では自分の売り上げが数字なって表されるので、自分の実力がとてもわかりやすいです。これはプレッシャーにもなります。このプレッシャーを自分の成長のための一つの壁だと思い、その壁を乗り越える努力をすれば社会人として一段成長できるでしょう。私は営業の仕事に就職した当初は売り上げが伸びずに悩みました。そこで私は売り上げを伸ばす努力を沢山しました。その結果、少しずつ成果が出てきて仕事に対してやりがいを感じることが出来るようになりました。このように実力で評価される営業職は、自分にとても向いていると思います。私が営業職という自分に合った仕事に就けたのは、就職活動の際に自分自身の事をきちんと自己分析したからです。営業職はとてもやりがいのある仕事なので、就職をする際に営業職についた自分を一度イメージしてみてください。そこでやりがいを感じることが出来そうだと思えたら、営業の仕事に就くべきです。

Site Recommend